化粧品・特定商品 購買販売特約店として登録するために必要な証明書は何か

化粧品・特定商品 購買販売特約店として登録するために必要な証明書は、理美容室とエステサロンでは異なります。それぞれの必要な証明書類については、下記をご確認ください。

理美容室の場合

下記1~5いずれかの原本またはコピー
1.名刺/2.美容師免許(理容師免許)※旧姓のままでも可/3.管理美容師終了証書(管理理容師終了証書)/4.美容所検査確認証(理容所検査確認証)※保健所の検査書/5.厚生労働大臣指定の理美容専門学校の学生証(入学許可書、在籍証明書も可、但しネイル・アイラッシュ系は不可)
※1の場合、必ず店名・住所・電話番号が記載されたものをご提出ください。
※2~5の場合、必ずご本人様の証明書をご提出ください。
※お電話またはご訪問によりサロン運営実態の確認をさせていただく場合がございます。

エステ・ネイル・アイラッシュの場合

下記1~6いずれかの原本またはコピー
1.店舗のリーフレット・チラシ/2.コースメニュー表/3.看板写真/4.名刺/5.ディプロマ(資格証明書)/6.スクールの学生証
※1~4の場合、必ず店名と電話番号が記載されたものをご提出ください。
※5、6の場合、必ずご本人様の証明書をご提出ください。内容によってはお断りさせていただく場合がございます。
※お電話またはご訪問によりサロン運営実態の確認をさせていただく場合がございます。

頭髪用化粧品及びエステティック化粧品・特定商品お取引申込はこちら »

このQ&Aは、お役に立ちましたか?

キーワードから質問を検索

スクリーン・リーダー・ユーザーがを選択するには[Enter]キーを押します。 
※商品をお探しの場合は商品検索をご利用ください。

お問い合わせ

解決できなかった方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。